ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

大老(たいろう)と老中(ろうじゅう)の役割は?

江戸時代の大老(たいろう)と老中(ろうじゅう)の職務を答えてください。

答えはこちら



江戸時代 将軍の補佐をして政務を取り仕切る役職が大老と老中です。

通常、幕府の最高職は老中ですが、何か特別な事情がある場合、臨時職として老中の上位に大老が置かれました。

大老は名誉職的なものでしたが、酒井忠清や幕末の井伊直弼のように強い権力を行使した者もいます。大老の定員は一名で井伊、酒井、土井、堀田など10万石以上の譜代大名の中から選ばれました。

老中の定員は4~5名で2万5千石以上の譜代大名の中から選ばれます。月番の交代勤務で、大目付、町奉行、勘定奉行などを統括して国政を担当しました。
江戸幕府の組織・役職 大老(たいろう)、老中(ろうじゅう


≪ 主君が家臣に課す軍事上の役務は? | | 旗本、御家人を監察する幕府の役職は? ≫

CopyRight 2010-2017 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.