ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1841年 物価高騰をおさえるため商人の特権を廃止した制度は?

1841年 物価高騰をおさえるため老中水野忠邦は商人の特権を廃止しました。この政策の名称を答えてください。

答えはこちら

株仲間解散(かぶなかまかいさん)です。

営業を独占するため商人たちは同業者間で組合を組織しました。幕府から公認された組合を株仲間といいます。

株仲間は幕府に冥加金(みょうがきん)を上納することで特権を得ていたのです。

水野忠邦は物価高騰の原因は株仲間が意図的に商品の価格を上げていると考え、株仲間の解散を命じました。しかし、市場は混乱しかえって物価の高騰を招く結果となります。

物価は下がらず、冥加金の収入もなくなり幕府にとっては大きな痛手となりました。1851年には株仲間再興令を出し政策を撤回しました。

≪ 12代将軍の治世で改革を行った老中は? | | 1843年農村復興のための政策は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.