ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

1791年町入用(まちにゅうよう)の節約分を窮民援助にあてる制度は?

1791年松平定信は町費である町入用(まちにゅうよう)を節約させ、窮民の援助にあてる政策を行います。この政策の名称を答えてください。

答えはこちら

七分金積立(しちぶきんつみたて)もしくは、七分積金(しちぶつみきん)です。

天明の飢饉後、江戸では米価が高騰し打ちこわしが多発しました。

松平定信は飢饉対策、窮民対策として江戸の町民に対し、町費である町入用を節約させ、節約した額の七分(70%)を積立てるよう命じます。

江戸町会所(えどまちかいしょ)に積立てられたお金は、飢饉が起きた際の食糧援助や低利の融資にあてられました。

「春はあけぼの」のフレーズを知っていても、枕草子を読んだことがある方はそう多くはありません。大河ドラマをきっかけに清少納言と枕草子に興味を持つ方が増えると思いますので、3回に分けてお伝えすることにしました。1回目は清少納言の家族と祖先清原氏の話を中心に、枕草子を書くことになったきっかけや「源氏物語」との違い、清少納言と紫式部の関係を特集します。ぜひご覧ください。