ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1791年町入用(まちにゅうよう)の節約分を窮民援助にあてる制度は?

1791年松平定信は町費である町入用(まちにゅうよう)を節約させ、窮民の援助にあてる政策を行います。この政策の名称を答えてください。

答えはこちら

七分金積立(しちぶきんつみたて)もしくは、七分積金(しちぶつみきん)です。

天明の飢饉後、江戸では米価が高騰し打ちこわしが多発しました。

松平定信は飢饉対策、窮民対策として江戸の町民に対し、町費である町入用を節約させ、節約した額の七分(70%)を積立てるよう命じます。

江戸町会所(えどまちかいしょ)に積立てられたお金は、飢饉が起きた際の食糧援助や低利の融資にあてられました。


こんにゃくラーメンなのに美味しい!替え玉しても体重10キロ減!

≪ 1790年出版統制令によって弾圧された人物は? | | 幕府が武家伝奏を処罰した事件は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.