ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

田畑、屋敷にかかる租税と税率は?

江戸時代の農民が負担した田畑、屋敷にかかる租税の名称と税率を答えてください。

答えはこちら

本途物成(ほんとものなり)、四公六民(五公五民)です。

本百姓が負担する年貢が本途物成です。本年貢(ほんねんぐ)とも呼ばれます。田畑、屋敷に対してかけられました。

本途物成の税率は幕府の直轄地(天領)で四公六民、享保期以降は五公五民になったとされています。

米納が基本ですが、地域によっては雑穀や銭で納めることもありました。

「春はあけぼの」のフレーズを知っていても、枕草子を読んだことがある方はそう多くはありません。大河ドラマをきっかけに清少納言と枕草子に興味を持つ方が増えると思いますので、3回に分けてお伝えすることにしました。1回目は清少納言の家族と祖先清原氏の話を中心に、枕草子を書くことになったきっかけや「源氏物語」との違い、清少納言と紫式部の関係を特集します。ぜひご覧ください。