ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

切米(きりまい)、扶持(ふち)とは?

武士の給料に切米(きりまい)と扶持(ふち)がありますが、それぞれどのような意味でしょうか?

答えはこちら

農民が生産した米のうち年貢として納められた米は米蔵(こめぐら)に保管されます。この米を蔵米(くらまい)と呼んでいます。

蔵米は領主の収入となり、その一部が家臣への給料として支給されます。

蔵米の中から俸禄として与えられる米が俸禄米で、俸禄米を支給される者が蔵米取りです。

俸禄米は年3回に分けて(切り分けて)支給されるので、切米とも呼ばれます。

蔵米の中から扶持として与えられる米が扶持米で、扶持米を支給される者が扶持米取りです。

一人扶持(いちにんぶち)の年収はおよそ米5俵となります。ひとりが1日に消費する米の量は5合で、1年間で1石8斗となります。1石8斗を米俵に換算すると約5俵となります。

≪ 知行取り(ちぎょうどり)と蔵米取り(くらまいどり)とは? | | 主君が家臣に課す軍事上の役務は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.