ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

幕府の役職で三奉行とは?

江戸時代 三奉行と呼ばれた幕府の役職は何でしょうか?役職名と職務をそれぞれ答えてください。

答えはこちら

三奉行とは寺社奉行、町奉行、勘定奉行の総称です。

寺社奉行(じしゃぶぎょう)・・・三奉行の中で最上位の役職です。寺社の管理、関八州以外の訴訟、宗教統制を担当。将軍直属の組織で譜代から選任され定員は4~5名。

町奉行(まちぶぎょう)・・・江戸の行政、司法、警察を担当。老中配下で旗本から選任され定員は2名。南町と北町奉行が月番(1か月交代)で勤務にあたりました。

勘定奉行(かんじょうぶぎょう)・・・天領の租税徴収と訴訟を担当。老中配下で旗本から選任され定員は4名。8代将軍吉宗の享保の改革で公事方(くじがた)と勝手方(かってがた)に分かれました。

三奉行(寺社奉行、町奉行、勘定奉行)・江戸幕府組織図

「春はあけぼの」のフレーズを知っていても、枕草子を読んだことがある方はそう多くはありません。大河ドラマをきっかけに清少納言と枕草子に興味を持つ方が増えると思いますので、3回に分けてお伝えすることにしました。1回目は清少納言の家族と祖先清原氏の話を中心に、枕草子を書くことになったきっかけや「源氏物語」との違い、清少納言と紫式部の関係を特集します。ぜひご覧ください。