ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

徳川吉宗が定めた年貢徴収方法は?

徳川吉宗が税収不足を補うために導入した年貢徴収方法を何と呼んでいますか?

答えはこちら

定免法(じょうめんほう)です。

従来の年貢徴収方法は検見法(けみほう)で、その年の作柄(育ち具合や出来具合)を調査して税率を決めていました。

対して、定免法は過去の年貢高を基準に税率を決定します。同じ税率が数年間適用されるため税収は安定しますが、不作や凶作の年には増税となり貧農層には大きな負担となりました。

≪ 1723年人材登用の目的で導入された制度は? | | 金銭貸借に関する訴訟を受理しない法令は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.