ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

徳川吉宗が定めた年貢徴収方法は?

徳川吉宗が税収不足を補うために導入した年貢徴収方法を何と呼んでいますか?

答えはこちら

定免法(じょうめんほう)です。

従来の年貢徴収方法は検見法(けみほう)で、その年の作柄(育ち具合や出来具合)を調査して税率を決めていました。

対して、定免法は過去の年貢高を基準に税率を決定します。同じ税率が数年間適用されるため税収は安定しますが、不作や凶作の年には増税となり貧農層には大きな負担となりました。

「春はあけぼの」のフレーズを知っていても、枕草子を読んだことがある方はそう多くはありません。大河ドラマをきっかけに清少納言と枕草子に興味を持つ方が増えると思いますので、3回に分けてお伝えすることにしました。1回目は清少納言の家族と祖先清原氏の話を中心に、枕草子を書くことになったきっかけや「源氏物語」との違い、清少納言と紫式部の関係を特集します。ぜひご覧ください。