ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1697年に刊行された農書は?

1697年に刊行された農書と著者名を答えてください。

答えはこちら

農業全書(のうぎょうぜんしょ)、宮崎安貞(みやざきやすさだ)です。

広島藩士の家に生まれた宮崎安貞は、福岡藩黒田家に仕えたのち職を辞します。

諸国を巡り農業技術を見分すると、自らも農業に従事して中国の農書などを参考に技術の向上をはかりました。

宮崎安貞は、自らの体験や研究、見分に基づいた農業の解説書「農業全書」を1697年に出版しました。「農業全書」は10巻+付録1巻の全11巻で構成されています。

日本で最初の本格的な農書とされ、全国に普及し多くの人に読まれました。

≪ 販売目的で栽培された作物の総称と代表的な作物をあげてください | | 網を使用した漁法を何と呼んでいますか? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.