ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

伊豆韮山に反射炉を造った人物は?

伊豆韮山の代官で反射炉を造った人物の名前を答えてください。

答えはこちら

江川太郎左衛門(えがわたろうざえもん)です。

伊豆韮山の代官 江川太郎左衛門は、高島流砲術の高島秋帆(たかしましゅうはん)に弟子入りして西洋式砲術を学びます。

1853年ペリーが来航すると、太郎左衛門は幕府の命令で品川に台場を築きました。

近代化には良質な鉄の生産が急務と考えた太郎左衛門は反射炉の建造(韮山反射炉 にらやまはんしゃろ)を開始しますが、完成を見ることなく1855年に病死しました(韮山反射炉は1857年に完成)

「春はあけぼの」のフレーズを知っていても、枕草子を読んだことがある方はそう多くはありません。大河ドラマをきっかけに清少納言と枕草子に興味を持つ方が増えると思いますので、3回に分けてお伝えすることにしました。1回目は清少納言の家族と祖先清原氏の話を中心に、枕草子を書くことになったきっかけや「源氏物語」との違い、清少納言と紫式部の関係を特集します。ぜひご覧ください。