ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

オランダ商館長が幕府に提出した海外事情の報告書は?

オランダ商館長(カピタン)が幕府に提出した海外の事情を記した報告書の名称を答えてください。

答えはこちら

オランダ風説書(おらんだふうせつがき)です。

貿易を許されたオランダはオランダ船が長崎に入港するたびに、海外の事情を記した報告書(オランダ風説書)を幕府に提出しました。

カピタンから長崎奉行に渡された「オランダ風説書」は、通詞(つうじ)が翻訳して幕府に提出されました。カピタンは人物名ではなくオランダ商館長を意味します。

幕府は鎖国下でも「オランダ風説書」により海外の情勢を知ることができました。

≪ 鎖国後も日本と貿易を行った国は? | | 鎖国体制下で貿易を許されたオランダと清の居住地は? ≫

CopyRight 2010-2018 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.