ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1837年陽明学者と国学者が起こした反乱は?

天保の飢饉が引き金となり1837年陽明学者と国学者が相次いで幕府に反乱を起こしました。この乱の名称を答えてください。

答えはこちら

大塩の乱(おおしおのらん)、生田万の乱(いくたよろずのらん)です。

大塩の乱を起こした大塩平八郎(へいはちろう)は、陽明学者で元大坂町奉行の与力でもあります。天保の飢饉によって地方では多くの餓死者を出し、都市部でも生活に困窮する人が増加します。大塩は窮民対策を奉行所に訴えますが聞き入れられず、憤慨した大塩は蜂起しますが幕府に鎮圧されました。

大塩の乱に触発された国学者の生田万も幕府の悪政と貧民救済を訴え越後国柏崎で挙兵しますが、これも幕府によって鎮圧されました。

≪ 1836年甲斐国と三河国で起きた一揆は? | | 12代将軍の治世で改革を行った老中は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.