ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1853年に国書を携え浦賀沖に来航した人物は?

1853年アメリカ大統領の国書を携え来航した人物の名前を答えてください。

答えはこちら

ペリーです。

1853年アメリカ東インド艦隊司令長官マシュー・ペリーが旗艦サスケハナ号を含む4隻の蒸気船で浦賀沖に来航しました。

久里浜に上陸したペリーはアメリカ大統領フィルモアの国書を浦賀奉行に渡し開国を要求します。

幕府は12代将軍徳川家慶が病気であることを理由に返答を1年後に引き延ばしたため、ペリーは翌年訪れることを告げ日本を去りました。

この事件を黒船来航(くろふねらいこう)と呼んでいます。船体を黒色で塗装していたことからこの名前がつきました。

≪ 1846年コロンバス号で来航したアメリカ人は? | | 1853年長崎に来航したロシア人は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.