ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1790年に設けられた無宿人を収容するための施設は?

江戸の治安、貧困対策のひとつで1790年に設けられた無宿人(むしゅくにん)を収容するための施設を何と呼んでいますか?

答えはこちら

人足寄場(にんそくよせば)です。

天明の飢饉によって没落した農民たちが流入したことで都市部では人口が増加しました。

江戸では無宿人と呼ばれる住居や定職を持たない者が増えたことで治安が悪化します。

老中松平定信(まつだいらさだのぶ)は治安、窮民対策のため江戸石川島(いしかわじま)に人足寄場を設置して無宿人を収容しました。

人足寄場は現在の職業訓練校のような施設で、無宿人たちを正業に就かせるために職業技術を教えました。

人足寄場の開設、運営に尽力したのが火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)の長谷川平蔵(はせがわへいぞう)です。鬼平犯科帳(おにへいはんかちょう)のモデルになった人物です。

≪ 1790年 帰村、帰農を推奨した法令は? | | 1790年朱子学を正当な学問とし、それ以外を禁止した政策は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.