ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

1808年樺太(からふと)を探索した人物は?

1808年幕府の命令で樺太(からふと)を探索した人物の名前を答えてください。

答えはこちら

間宮林蔵(まみやりんぞう)です。

1804年ロシアの使節レザノフが長崎に来航し通商を求めます。幕府が拒絶したため、レザノフは部下に命じ松前藩居留地を襲撃させました。

この事件によりロシアの脅威がいっそう高まると、幕府はすでに東蝦夷を直轄領にしていましたが、1807年蝦夷全域を直轄領とし松前奉行を置きました。

1808年には間宮林蔵らに命じ樺太を探索させています。間宮林蔵は樺太が島であることを確認しました。

オランダ商館医シーボルトは間宮林蔵の功績を評価し、その著書の中で、樺太(サハリン島) と大陸間の海峡(タタール海峡)の最狭部を間宮海峡(まみやかいきょう)と記しました。

「春はあけぼの」のフレーズを知っていても、枕草子を読んだことがある方はそう多くはありません。大河ドラマをきっかけに清少納言と枕草子に興味を持つ方が増えると思いますので、3回に分けてお伝えすることにしました。1回目は清少納言の家族と祖先清原氏の話を中心に、枕草子を書くことになったきっかけや「源氏物語」との違い、清少納言と紫式部の関係を特集します。ぜひご覧ください。