ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

江戸時代に流通した銀貨の種類は?

江戸時代に流通した四種類の銀貨の名称を答えてください。

答えはこちら

丁銀(ちょうぎん)、豆板銀(まめいたぎん)、一分銀(いちぶぎん)、一朱銀(いっしゅぎん)です。

丁銀・・・なまこ型の銀貨で30~50匁。

豆板銀・・・豆型の銀貨で丁銀の補助貨幣として使用されました。重さは約5匁。

一分銀・・・江戸時代後期に鋳造された銀貨で4枚で1両。

一朱銀・・・江戸時代後期に鋳造された銀貨で4枚で1分。

江戸時代の銀貨は重さを計って使用されました。重さの単位が貫(かん)と匁(もんめ)で、1貫が1000匁です。

一分銀と一朱銀は金貨不足を補うために鋳造された銀貨で、重さではなく枚数で使用されました。

江戸を中心とする東日本では取引に金貨を使い、大坂を中心とする西日本は銀貨を使用しました。そのため「江戸の金遣い、上方の銀遣い」といわれます。


こんにゃくラーメンなのに美味しい!替え玉しても体重10キロ減!

≪ 江戸時代に流通した金貨の種類は? | | 計数貨幣(けいすうかへい)と秤量貨幣(しょうりょうかへい)の違いは? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.