ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

大名家の断絶を減らすために実施された政策は?

幕府は大名家の断絶を防ぐため制度の見直しをはかりました。このとき緩和された制度を何と呼んでいますか?

答えはこちら

末期養子の禁(まつごようしのきん)緩和です。

跡継ぎのいない大名が死の直前に養子をとり家を継がせることを末期養子といいます。

幕府は末期養子を認めなかったため改易の原因になっていました。改易された大名家の家臣たちは浪人となります。

1651年浪人たちが結託して幕府転覆をはかる計画が露見します(由比小雪の乱

乱の首謀者たちを処罰した4代将軍家綱は、浪人が増えないよう「末期養子の禁」を緩和して大名家の断絶を減少させました。

≪ 1651年に起きた幕府転覆計画は? | | 異様な風体や行動で社会秩序を乱した人たちは? ≫

CopyRight 2010-2018 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.