ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

仙台藩医 工藤平助(くどうへいすけ)が著した書物は?

仙台藩医 工藤平助(くどうへいすけ)の書が1783年田沼意次に献上されました。この書物の名称を答えてください。

答えはこちら

赤蝦夷風説考(あかえぞふうせつこう)です。

仙台藩医 工藤平助(くどうへいすけ)は、ロシアの南下に備えるべく、蝦夷地の調査・開発を行うべきだと説き「赤蝦夷風説考」を著しました。

この「赤蝦夷風説考」は1783年に老中 田沼意次に献上されます。

意次は最上徳内(もがみとくない)を蝦夷に派遣して、北方の探索にあたらせますが、1786年に意次が失脚したため探索は中止となりました。

≪ 側用人から老中にまで昇進し商業政策を推し進めた人物は? | | 1782年から始まった飢饉は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.