ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

功山寺で挙兵し保守派(俗論派)を破った長州藩士は?

第一次長州征伐後に功山寺で挙兵し藩論を武備恭順に導いた長州藩士の名前を答えてください。

答えはこちら

高杉晋作(たかすぎしんさく)です。

第一次長州征伐で長州藩の藩政を掌握した保守派(俗論派)は、禁門の変の責任者である三家老と四参謀を粛正します。

萩を脱出していた高杉晋作はこの保守派の蛮行に憤慨し、下関に戻ると功山寺で挙兵しました。

太田・絵堂の戦いで俗論派を打ち破り主導権を握った高杉は藩論を「武備恭順(ぶびきょうじゅん)」にまとめました。

「武備恭順」とは、表面的には恭順しながら裏で軍備を整えることです。

≪ 1864年朝廷から長州追討の勅命を得た幕府は長州征伐を敢行します。この征長戦を何と呼んでいますか? | | 第一次長州征伐後に薩摩と長州の間で結ばれた盟約は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.