ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

主君が家臣に課す軍事上の役務は?

主君は家臣に対し石高に応じた軍事上の役務を課します。この役務を何と呼んでいますか?

答えはこちら

軍役(ぐんえき、ぐんやく)です。

石高制を導入した豊臣秀吉は、石高に応じた軍事負担を大名に課しました。

江戸時代の幕府もこれを踏襲しています。大坂の陣後に改定を行い制度化しました。

侍、鉄砲、槍持、甲冑持、馬の口取など石高に応じて負担する兵力が決められていますが、時代によってその数は変化します。

参勤交代やお手伝い普請(土木工事)も軍役のひとつです。

「春はあけぼの」のフレーズを知っていても、枕草子を読んだことがある方はそう多くはありません。大河ドラマをきっかけに清少納言と枕草子に興味を持つ方が増えると思いますので、3回に分けてお伝えすることにしました。1回目は清少納言の家族と祖先清原氏の話を中心に、枕草子を書くことになったきっかけや「源氏物語」との違い、清少納言と紫式部の関係を特集します。ぜひご覧ください。