ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

村の長で村政を統括する者を何と呼んでいますか?

村長(むらおさ)として村政を統括した村役人の名称を答えてください。

答えはこちら

名主(なぬし)です。

関東では名主、関西では庄屋(しょうや)、東北では肝煎(きもいり)と呼ばれます。

名主は村の代表であり、名主を補佐する組頭と不正を監視する百姓代の三役が村政を統括しました。

富農など村の実力者が名主に選ばれ代々世襲していきますが、村民の選挙で選ばれることもありました。

年貢の割当や納入、戸籍の管理、法令の伝達などが名主の仕事です。

「春はあけぼの」のフレーズを知っていても、枕草子を読んだことがある方はそう多くはありません。大河ドラマをきっかけに清少納言と枕草子に興味を持つ方が増えると思いますので、3回に分けてお伝えすることにしました。1回目は清少納言の家族と祖先清原氏の話を中心に、枕草子を書くことになったきっかけや「源氏物語」との違い、清少納言と紫式部の関係を特集します。ぜひご覧ください。