ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

領地の没収、領地の削減をそれぞれ何と呼んでいますか?

江戸時代初期には領地を没収されたり、削減される大名が多数いましたが、領地の没収、領地の削減をそれぞれ何と呼んでいますか?

答えはこちら

領地の没収が改易(かいえき)、領地の削減が減封(げんぽう)です。

徳川幕府が成立した初期の段階(家康、秀忠、家光の時代)に最も多くの改易が行われました。

大坂の陣など軍事的な要因以外では跡継ぎがいないことによる改易(末期養子の禁)が一番多く、武家諸法度の違反、悪政や乱行などの理由で改易される大名もいました。

改易された大名と家族は他家へお預けとなるケースが多かったようです。大名の家臣は浪人となり、自分で新しい主君を見つけなければなりませんでした。

≪ 譜代(ふだい)・外様(とざま)・旗本(はたもと)・御家人(ごけにん)の違いは? | | 家督相続などをめぐる大名家内の紛争は? ≫

CopyRight 2010-2017 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.