ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

花燃ゆ・杉文(すぎふみ)の生涯 新着情報

楫取素彦と美和(文)の再婚、男爵授与から晩年の生活まで

1883年5月楫取素彦と美和(文)は再婚しました。素彦と美和の再婚については史料がほとんどないため詳細な経緯はわかっていません。 妻の寿を亡くしてから2年間群馬県令として多忙な

楫取寿(かとりひさ)仏教(浄土真宗)への信仰心と死

楫取素彦(かとりもとひこ)は1872年に足柄県に出仕することになり、家族を残し単身で上京しました。 1874年には熊谷県権令(副知事)となりますが、この頃になると家族を呼び寄せ

楫取寿(寿子)兄松陰の形見の短刀を新井領一郎に託す!

初代群馬県令となった楫取素彦(かとりもとひこ)は、新政府のスローガンである富国強兵、殖産興業に基づき群馬県政を指導していきます。 教育者であった楫取は、日本の国力をあげるには人

CopyRight 2010-2017 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.