ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

新島八重 雑学・豆知識 新着情報

新島八重永眠

夫である新島襄が亡くなったあと八重が積極的に取り組んだものが3つあるといわれています。社会奉仕活動(篤志看護婦)と茶道、そしてもうひとつが会津の汚名返上です。 戊辰戦争で会津藩

新島八重(宗竹 そうちく)と茶道

*茶道に傾倒していた晩年の八重 新島襄の死後、八重は社会奉仕活動(日本赤十字社の篤志看護婦)に積極的に参加をします。その一方で、茶道にも強い関心を示し、裏千家十三代 圓能斎鉄

八重と篤志看護婦(とくしかんごふ)

*篤志看護婦(とくしかんごふ)時代の新島八重 1890年1月23日新島襄は帰らぬ人となります。同志社にとって新島襄の存在はとても大きく混乱することは必至でした。同志社は発起人

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.