ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

公務員の平均年収・やはり不況に強い!

最近の子供達に「なりたい職業は何か」と聞くと、公務員という答えが多いと言われています。これは、公務員は不況に関係なく安定したお給料がもらえること、また、平均年収がサラリーマンよりも高いことなどがよく知られているからでしょう。では具体的には、公務員の平均年収はどのくらいなのでしょうか。


公務員といっても、地方公務員なのか国家公務員なのか、また、どのような職種に就いているかによって平均年収は異なります。一般的には国家公務員で600万円ほど、地方公務員はもう少し多く、700万円ほどという金額のようです。


もちろんこれは「平均」なので、この金額より低い人も高い人もいます。年収が高い人ですと、1000万円以上にもなるようです。なお、公務員の平均年収は職種によっても違いがあります。上記の平均年収よりも高いと言われている職種としては、警察官、高等学校の教員、税務署の職員などが挙げられます。


それに比べると、サラリーマンの平均年収を見ると約430万円ほどと、公務員よりはかなり低い金額です。また、近年はサラリーマンの平均年収はどんどん下がっています。公務員については退職金が減額されつつあるようですが、それでも恵まれているのではないでしょうか。


そのためサラリーマンの中には、転職先として公務員を希望する人も少なくありません。公務員は、平均年収が大きく増えることは少ないものの、不況に強いことなどが注目されている理由と言えるでしょう。

| 医師の平均年収・勤務医と開業医 ≫

CopyRight 2010-2017 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.