ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

プログラマーの平均年収・SEを目指すことで収入が増える

システムの構築をする「プログラマー」という仕事があります。コンピューター関係の仕事については、「高収入」というイメージがありますが、プログラマーの平均年収は400万円前後と、実際は高いというほどではありません。


これは、最近では日本人以外でプログラムを作ることができる人が増えてきたことも関係しています。以前はコンピューター関連は日本人の得意とするところでしたが、近年は世界中にパソコンが普及し、プログラマーも世界中に存在します。


外国人プログラマーの多くは、日本人よりも安い金額で雇用できるため、企業は外国人プログラマーへとシフトしています。日本国内において、プログラマーの労働時間に見合うほどの平均年収が支払われていないのは、このような理由が考えられます。


プログラマーをしていて平均年収を上げたいと考えている人は、仕事量を増やすか、SE(システムエンジニア)に転職をするようです。特にSEに転職すると、平均年収は550万円前後になると言われています。もともとSEには、プログラムを書くことができる人はそう多くはないので、プログラマーからSEへの転職には大きなメリットがあります。


もちろんSEになると、プログラマーのような構築だけの作業ではなく、運用や設計もすることになります。また、プログラマーの知識に加えて、新しいことも覚えていかなければいけません。しかし、SEはそれなりの平均年収を得ることができますし、プログラマーより需要も多いようです。

≪ ホームヘルパーの平均年収・資格によって仕事や年収に差が出る | | タクシー運転手の平均年収・地域や時間帯による収入格差 ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.