ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

ホームヘルパーの平均年収・資格によって仕事や年収に差が出る

ホームヘルパーが慢性的に不足している理由の一つが、報酬の低さであると言われています。楽とは言い難い仕事内容であるにも関わらず報酬が低いため、ヘルパーになっても長続きしない人が少なくありません。


しかし高齢化社会に伴って、介護を受けたい人は増え続けるため、それぞれのホームヘルパーにかかる負担が増していきます。しかしそれに見合った報酬がもらえないため、結局は辞めてしまう人が多いのです。介護の現場は、このような悪循環に陥っています。


報酬が低いことで知られているホームヘルパーですが、平均年収は280万円前後と言われています。ただしこの年収はホームヘルパー全体の平均です。ホームヘルパーは持っている資格によって、仕事内容も平均年収もかなり違います。


例えば、三級の資格では家事のお手伝いしかできません。ヘルパーの業務を全体的に行うには、二級の資格を持っている必要があります。そして、より多くの収入を得るためには一級の資格取得を目指しましょう。一級を持っていれば、介護、家事援助に加えて、他のヘルパーのマネジメントなどもできるようになります。そうなると平均年収を超すこともできるでしょう。


ただしそれでも、仕事内容に対してヘルパーの平均年収はまだまだ少ないのが現状です。介護が必要な人の中には寝たきりの人もいて、そのような場合にはお世話をする側もとても大変です。ヘルパーの待遇改善はまだ進んでいないので、できるだけ良い条件で働くことができる所属先を選ぶことが大切です。

≪ 大工の平均年収・学力よりも技術力 | | プログラマーの平均年収・SEを目指すことで収入が増える ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.