ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

警察官の平均年収・他の公務員よりも高い年収

警察官は、多くの子供が憧れる職業です。また、大人でも警察官になりたいという人も多いようです。ただし警官になるには、都道府県単位で実施される警察官の採用試験に合格しなければいけません。


それでも警察官を目指す理由としては、世の中のためになる職業であること、公務員なので一度この職に就いたら安定した生活が望めること、平均年収が高いことなどを挙げています。特に平均年収については、800万円ほどもあるのが魅力とも言えるでしょう。


しかし仕事の内容は多岐にわたり、交番勤務の警察官が抱える仕事量もかなり多いのが現状です。例えば、交番に用事があって訪ねてきた人への対応、犯罪者の確保や逮捕、近隣の家同士のトラブルなどがあります。


また頻繁にパトロールをすることも大切な仕事ですし、犯人逮捕などのために格闘技の心得も必要ですしそのためのトレーニングもしなければいけません。そしてさらに法律の知識を身につけていることも求められます。


様々な局面に対応するためには、身体面に加えて精神面でも強くなければいけないので、決して「かっこいい」だけの仕事ではありません。また、公務員というと勤務時間がきっちり決まっているというイメージが強いのですが、警察官の場合にはそうはいきません。


勤務する部署にもよりますが、勤務時間は長くなりがちです。このようなことを考えると、平均年収800万円が高いとは言えないかもしれません。時には命の危険をも伴う職業でもあるので、それに見合う平均年収であるかどうかをよく考えることが大切です。

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.