ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

医師の平均年収・勤務医と開業医

平均年収が高い職業というと、まずは「医師」が思い浮かぶ人も多いことでしょう。医師と結婚すると「玉の輿」などと言われたりしますが、確かに医師の平均年収は他の職種に比べると高額です。


まず、勤務医は平均年収が1000万円以上です。月収に換算すると80~100万円、それに年間賞与が100万円ほどつくようです。開業医の場合には更に高く、月収は250万円前後とも言われているので、さらに平均年収は上がります。


一般的なサラリーマンの平均年収が430万円ほどと言われているので、それと比べても医師の平均年収は、はるかに高い金額であるということが分かります。しかし医者の場合には、その高収入を得るまでには、かなりの「経費」がかかっていることも忘れてはいけません。


まずは医科大学に入るための勉強、そして入学後に医者になるための勉強に、多額の費用がかかっています。また、医師として仕事を始めてからも、様々な勉強が必要です。なぜなら医療知識や技術、情報に遅れをとるわけにはいかないからです。もし開業をするのであれば、さらに多くの費用がかかります。例えば病院の建物や、医療機器の導入などに必要な資金です。


それと、平均年収が高いとはいえ、医師としての生活は良いことばかりではないようです。というのも、最近は医師不足のために長時間勤務をしなければいけないケースが増えているからです。お金ではなく休みが欲しいと考える医師もいるほど大変な状況と言われています。

≪ 公務員の平均年収・やはり不況に強い! | | 弁護士の平均年収・能力により相当の格差 ≫

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.