ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

タクシー運転手の平均年収・地域や時間帯による収入格差

タクシー運転手の仕事は長時間労働であることが多いのですが、平均年収は300万円に満たないようです。ただしこの数字は全国の平均値なので、働いている場所によってかなりの差があります。また、同じ地域で働いているとしても、勤務する時間帯によって収入は異なります。


例えば、東京などの首都圏と地方である北海道などを比べると、タクシーの利用者数は大きく異なります。実際に北海道のタクシー運転手の年収を見ると、300万円以上の人はほとんどいません。


しかしタクシー運転手の平均年収は、以前よりも低くなっています。様々な要因がありますが、まず大きいのは不況の影響でしょう。不況になると、個人も企業もタクシーに遣っていたお金を節約するようになります。タクシーの利用客が減っていることが、平均年収の低下につながっているのです。


さらに、規制緩和の政策もタクシー運転手の収入低下を引き起こしました。なぜなら規制緩和によりタクシーの台数が増えて、利用者の取り合いになってしまったからです。利用者が減っているのにタクシー台数は増えているので、平均年収が下がるのも当然です。


このように、収入面で不安があるタクシー運転手ですが、もしなりたいのであれば、タクシー会社の中には2種免許取得の費用を出してくれるところもあります。そしてタクシー運転手になったら、利用者を増やす努力や、裏道を覚えるなどの工夫をすれば収入アップにもつながります。仕事は厳しいですが、個人の努力が収入に反映し易いので、やりがいのある仕事とも言えるかもしれません。

≪ プログラマーの平均年収・SEを目指すことで収入が増える | | とび職の平均年収・危険な仕事だけに給料は高め ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.