ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

販売員の平均年収・何かと支出の多い職業

デパートやショッピングモールなどのショップでは、「販売員」という職種があります。これは、ショップの中でお客さんに商品をすすめたり、着こなしを提案したりしながら販売をする仕事です。販売員の月収は20万円ー30万円なので、平均年収としては250万円ー350万円前後ということになります。


ただしこの年収は販売員全体の平均であり、販売している商品によって差があるようです。また、「カリスマ店員」などと呼ばれる人達の平均年収は、かなり高いと言われています。なお、有名ブランドの洋服や服飾品の販売は高収入とのイメージがありますが、そうとも限りません。


それほど有名ではないブランドの販売員の方が平均年収が高いというケースもありますので、ブランドの知名度や商品の価格は、あまり関係ないようです。販売員を希望する人には、特定のブランドやショップが好きという人も少なくありません。


収入に関係なく、そのブランドやショップで働きたいのであれば構いませんが、それなりの収入を望んでいる場合には、きちんと確認することが大切です。それと、ショップによっては自社製品を身につけて販売しなければいけないところもあります。そのような場合、ほとんどが自己負担で購入するため、収入の割には支出が多くなる可能性もあります。


ファッションに関心が高い人などに向いているのが販売員ですが、どのくらいの収入を得ることができるかを検討することが大切です。また、20代の若い世代が多いので、年齢を重ねると働く場が少なくなることも頭に入れておきましょう。

≪ とび職の平均年収・危険な仕事だけに給料は高め |

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.