ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

准看護士の平均年収・給料は高めだがサービス残業に注意

病院で働く人の職種には、看護師の他に准看護士というものがあります。この2つの職種の違いは資格の種類だけで、ほとんどの病院では仕事内容に変わりはないようです。しかし、国家資格である看護師の平均年収は450万円~500万円、知事免許である准看護士の平均年収は400万円前後です。


この2つの職種は、同じ仕事をしていても、資格によって大きく収入が違うのが特徴です。准看護士の平均年収は、勤続年数に応じて上がるのが一般的ではありますが、取得した資格の違いだけで初めから差が出るのは、あまり気分が良いものではありません。


もし、これから看護の仕事をしたいと考えているのであれば、できれば看護師の資格を取得することをお勧めします。なお、求人に関しては、准看護士も看護師同様に増加する傾向にあります。そして給与が高めであることも多いようです。これは、常に看護師や准看護士が不足していて、仕事がきついからでしょう。


このことを考えると、看護師であれ准看護士であれ、就職先を探す際にはスタッフの人数がどのくらいいるのかを確認することが大切です。特に求人広告などに出ている給与が普通よりも高い場合は、それなりの仕事量であると考えられるので、気をつけなければいけません。


また、残業の有無や、残業手当などについても事前に確認しましょう。看護や介護の現場では、残業手当なしで時間外まで働くのが普通になっているケースもありますが、それではいけません。一般的な仕事よりも平均年収が高めとはいえ、サービス残業が多過ぎるようでは、妥当な金額とは言えないのです。

≪ 看護師の平均年収・高収入だけど仕事はきつい! | | 調理師の平均年収・腕の差が年収にもあらわれる職業 ≫

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.