ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

朝廷が2つの系統に分裂したきっかけをつくった天皇は?

鎌倉時代、朝廷は持明院統と大覚寺統に分裂しますが、そのきっかけをつくった天皇は誰でしょうか?

答えはこちら

後嵯峨天皇(ごさがてんのう)です。

後嵯峨天皇は承久の乱で土佐に流罪となった土御門上皇(つちみかどじょうこう)の皇子です。幕府の後押しもあり第88代天皇となりました。

第一皇子の宗尊親王(むねたかしんのう)が、鎌倉幕府6代将軍(皇族将軍)となったため、第二皇子久仁親王(後深草天皇)に皇位を譲ります。

しかし、第七皇子恒仁親王を溺愛したため、後深草天皇に譲位を迫り、恒仁親王を第90代亀山天皇として即位させました。

以後、後深草天皇の持明院統と亀山天皇の大覚寺統が対立をし、室町時代の南北朝へと進んでいきます。

≪ 亀山天皇(かめやまてんのう)の系統は? | | 2つの系統が交互に皇位につくことを何と呼んでいますか? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.