ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

井伊直政上野国箕輪12万石

おんな城主直虎がもっと楽しくなる!小ネタ・豆知識


天正18年(1590年)豊臣秀吉は小田原の後北条氏を討つべく大軍を関東に派遣します(小田原征伐

20万を超える軍勢に囲まれた小田原城は、支城を次々に落とされ孤立無援となりした。

井伊直政も徳川軍の先鋒(もしくは旗本)として参陣します。直政は小田原城の篠曲輪(さきくるわ)に攻撃を仕掛け、敵兵300を討ったとされています。

北条氏が降伏すると、北条氏の旧領には徳川家康が移封され、家康と家臣団は関東に移ることになりました。

江戸に入った家康は知行割を行い、有力な家臣を関東各地に配置します。

井伊直政は上野国箕輪12万石を領有し、徳川家中で最高の知行高を与えられたのです。

大幅な加増を得た直政は、新たに北条や今川の旧臣を召し抱え、家臣団の再編成を行います。

■この時点での直政の主な家臣
・三名の寄騎・・・木俣守勝、西郷正友、椋原政直
・井伊谷時代からの一門、家臣・・・奥山、中野、今村、小野、松下など
・井伊谷三人衆・・・近藤、鈴木、菅沼
・武田、今川、北条の旧臣・・・庵原朝昌(いはらともまさ)、川手良則(かわてよしのり)など

≪ 井伊直政と豊臣秀吉 従五位下への叙任 | | 箕輪城と高崎城 和田から高崎への改称 ≫

CopyRight 2010-2017 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.