ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

東久邇宮稔彦内閣の次の内閣は?

人権指令で総辞職した東久邇宮稔彦内閣のあと組閣した人物の名前(内閣)を答えてください。

答えはこちら

幣原喜重郎(幣原喜重郎内閣)です。

東久邇宮内閣が退陣すると、戦前に加藤高明若槻礼次郎(第一次、第二次)、浜口雄幸の各内閣で外相をつとめ、協調外交を推進した幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)が首相に任命され組閣しました。

幣原内閣はGHQの五大改革指令を実施し、戦後初となる衆議院議員総選挙を行います。

幣原内閣は進歩党との連携を模索しますが、他の政党から反発を受け倒閣運動により総辞職しました。

=幣原内閣の政策、出来事=
五大改革指令
憲法草案
天皇の人間宣言
公職追放
第一次農地改革
金融緊急措置令
衆議院議員選挙
極東国際軍事裁判開始

「春はあけぼの」のフレーズを知っていても、枕草子を読んだことがある方はそう多くはありません。大河ドラマをきっかけに清少納言と枕草子に興味を持つ方が増えると思いますので、3回に分けてお伝えすることにしました。1回目は清少納言の家族と祖先清原氏の話を中心に、枕草子を書くことになったきっかけや「源氏物語」との違い、清少納言と紫式部の関係を特集します。ぜひご覧ください。