ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

伊勢平氏が中央政界に進出するきっかけをつくった人物は?

北面の武士となり、伊勢平氏が中央政界に進出するきっかけをつくった武将は誰でしょう?

答えはこちら

平正盛(たいらのまさもり)です。

平正盛は伊勢、伊賀で勢力を持っていた伊勢平氏の棟梁です。平清盛の祖父にあたります。

源氏が摂関家(藤原氏)に近づき勢力を伸ばしたのに対し、正盛は院政を開始した白河院に接近します。

伊賀国の領地の一部を白河院に寄進すると、伊勢、讚岐、若狭、因幡などの国司(受領)を歴任して富を蓄えました。その富をさらに白河院に寄進することで成功を繰り返し出世をしていきます。

白河院が新設した北面の武士に登用されると、官吏を殺害して逃亡していた源義親を討ち武名を上げました。正盛の築いた財産は、伊勢平氏が躍進がするための重要な基盤となりました。

伊勢平氏 平正盛(たいらのまさもり)系図

≪ 官吏の殺害で追討され源氏が一時衰退する原因をつくった人物は? | | 海賊討伐の功績で清涼殿への昇殿が許された平氏の武将は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.