ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

バイクのバッテリーはこまめなメンテナンスが必要

バイクのバッテリーは、頻繁に充電を行うことが最善のメンテナンス方法と言えます。寒くなると、あまりバイクには乗らなくなるかもしれませんが、バッテリーには気を配る必要があります。


特に気温が低い冬の時期は、バッテリーが弱くなりがちなので、放置しているとバッテリーが完全に上がってしまうこともあります。そうなると、メンテナンスが大変です。


バイクのバッテリーがどのような状態であるかは、テスターを使えば確認することができます。最近はたいていのホームセンターでテスターを販売していますし、デジタルタイプで簡単に確認ができるものもあります。


バッテリーの電圧は、バイクのエンジンをかけて測定します。平均値は12ー13Vなので、それよりも高かったり低かったりする場合には、何らかのメンテナンスが必要です。


バッテリーを充電しなければいけないのは、平均値よりも低い数値であった場合です。バッテリーをバイクから外して、市販のバッテリー充電器を使って充電を行ってください。


バイクのバッテリーの外し方には決まりがあります。それはマイナスの方から外すことです。そして取り付ける時は、外した時とは逆にプラスの方からにしてください。


それと、バッテリーを外したら端子をきれいにしましょう。この部分は電気が通るので、錆びつきやすいと言われているからです。


バッテリーは、普段からこまめにメンテナンスをすることで、トラブルを避けることができる部分です。乗らない期間が長くなったとしても放置せずに、きちんとメンテナンスをすることが大切です。

| バイクパーツのメンテナンス・エアクリーナー ≫

CopyRight 2010-2018 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.