ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

早産と歯周病

妊娠と歯周病というのは、あまり関係がないように感じる人が多いのではないでしょうか。ところが、さまざまな研究などによって、歯周病と妊娠・出産というものが意外と関係が深いということがわかってきているのです。


妊娠すると、つわりの時に吐き気などがあり歯みがきなどのケアがちゃんと行えなかったり、ホルモンのバランスが崩れたりすることによって口内の環境が悪くなってしまいます。それが原因で、歯周病などを引き起こすことが多くなるのです。


歯周病はお口の中の環境が悪くなるだけではなく、全身にさまざまな影響を及ぼします。いろいろな病気を引き起こす原因となることが多いと言われている歯周病ですが、妊娠中の女性が歯周病にかかってしまうと、胎児の低体重や早産などを起こす原因になってしまうのです。


妊娠中の女性が歯周病になると、歯周病菌が血液を通して羊水の中に入ってしまうことがあります。羊水は赤ちゃんをさまざまなダメージから守るものですが、その羊水に歯周病菌が入ると菌から赤ちゃんを守るために免疫機能が働きます。胎児や羊膜にダメージを与えたり、子宮を収縮させて陣痛を起こしてしまったりすることもあると言われているのです。


また、アメリカの大学で行われた研究によると、お口のケアをしっかりと行って歯周病などのお口のトラブルがない妊婦と歯周病などのトラブルを抱えている妊婦とを比較すると、トラブルを抱えている妊婦の早産の確率が7倍にもなるということが分かったのです。


健康で丈夫な赤ちゃんを産むためには、妊娠してからはもちろんですが、妊娠前から定期的に歯科医に診てもらい、お口の健康も心がけるようにしましょう。

≪ 歯垢(しこう)と歯周病 | | 歯垢と歯周ポケットの深さ ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.