ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

虫歯治療と歯周病

虫歯や歯周病の治療を行う場合には、歯科医の選び方も大切なポイントになります。治療はもちろんですが、虫歯や歯周病にならないように、定期健診を受けることが必要なので、予防医療にも力を入れている様なしっかりとした歯科医を選ぶようにした方がいいでしょう。


虫歯を治療した後には、銀歯などのかぶせものをしたり詰めものを詰めたりしますが、歯に合っていないと、それが原因で歯周病になってしまうことがあるのです。かぶせものが歯よりも大きいと、歯とかぶせものの間に隙間ができてしまうことになりますが、その隙間に歯垢が溜まりやすくなってしまいます。


歯周病の直接的な原因である歯垢が、虫歯治療後の詰めものやかぶせものの部分に溜まってしまうと、虫歯が再発したり歯周病になってしまったりします。詰めものやかぶせものがちゃんと合っていないと、治療を行った歯との間や隣の歯との間に段差ができ、その部分に歯垢が溜まるのです。


虫歯の治療を行った後は、治ってよかったと安心してしまう人も多いかもしれません。ですが、その後のケアをきちんと行わなければ、再び虫歯や歯周病になってしまうのです。虫歯や歯周病になった場合には、適切な治療を受けることも大切ですが、その後のケアをしっかりと行って、再び虫歯や歯周病が再発しないようにすることが大切だということです。

≪ 歯周病について知っておくべきこと | | 歯周病の症状 歯がグラグラする 口の中がネバネバする ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.