ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

ワイヤレスマウスとパソコンの接続設定

先日、仕事用のノートパソコンを買い替えたのですが、付属していたマウスが有線で使いづらかったため、別途ワイヤレスマウスを購入しました。

マウスを買うのは4年ぶり!パッケージが開封しづらいという問題はあったものの、最新のマウスは反応がとても良く、マウスパッドがなくても快適に使用できます。

パソコン用マウスパッケージ開けづらい
今回購入したマウスは三菱化学メディアの「Verbatim バーベイタム」です。

ブルーLEDセンサー式の2.4GHzワイヤレスマウスです。

高精度のブルーLEDセンサーで、ガラステーブルや透明マット上でも使うことができるそうです。

本当にガラステーブルで動作するのか試してはいませんが、パソコンデスクやテーブルの上なら、マウスパッドなしでも快適に動作します。

ワイヤレスマウスとパソコンの接続方法
PCとの接続も特別なことをする必要はなく、付属のレシーバーをPCのUSBポートに差すだけです。

自動でソフトがインストールされ、すぐに使えるようになります。

ワイヤレスマウスのレシーバーとノートパソコン
レシーバーは小型なので、ノートパソコンに差しても邪魔に感じません。

使わないときはマウス本体に収納できます。

ブルーLEDセンサー式ワイヤレスマウス単3乾電池1本
マウス裏側、電池の横に収納スペースがあります。

ワイヤレスマウス本体にレシーバーを収納
レシーバーがピッタリ収まります。フタをすれば失くす心配もありません。

ちなみに、乾電池(単3乾電池1本)は付属していないので、自分で用意する必要があります。

単3アルカリ乾電池の場合、約半年持つそうです。

マウスの価格は近所のコジマ電機(コジマ×ビックカメラ)で1,880円(税込2,030円)でした。

≪ パソコン用マウスのパッケージは開封しづらい |

CopyRight 2010-2018 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.