ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

Mr.ハビットのくせ毛改善 縮毛矯正の方法

くせ毛を改善する縮毛矯正は、施術時間が3時間以上にも及びます。普通のパーマやストレートパーマに比べると、かなり長い時間がかかります。具体的には、くせ毛が改善するまで、どのようなことをするのでしょうか。以下に、Mr.ハビットの縮毛矯正の流れを紹介します。

1.毛髪診断
Mr.ハビットは、くせ毛の種類によって使う薬剤が異なります。その人の髪に合う薬剤を使わないと、くせ毛の改善効果が下がってしまうので、しっかりとくせ毛の種類を見極めます。

2.補修
キューティクルが剥がれている状態では、髪質を整えることはできません。そこで、タンパク質を毛先に塗って乾かし、その後にキトサンを塗ることでキューティクルの再生を促します。

3.薬剤塗布
その人のくせ毛を完璧に改善するための薬剤を髪に塗り、その状態でスティーミングを施します。その後は薬剤をしっかりと洗い流して、ハビットブローによって、髪をストレートに整え、記憶させます。この時に使うドライヤーは、Mr.ハビットの施術専用のものです。

4.仕上げ
最後の仕上げは、タンパク質や酸性の油分を髪に塗ります。この成分は、好みの仕上がりに合わせて選ばれたものです。


このようにして、Mr.ハビットではくせ毛を改善します。髪が伸びてきて、くせ毛が気になってきたら再び施術を受けますが、次までの期間には、髪の長さやその人の感じ方によって個人差があります。


目安としては、ロングヘアが1年位、ミディアムヘアであれば6ヶ月位、ショートヘアなら4ヶ月位でしょう。縮毛矯正は、決して安価ではないくせ毛改善法なので、髪の状態を見極めながら継続していきましょう。

≪ 縮毛矯正で人気の「Mr.ハビット」 その特徴は・・ | | 髪のうねりなどしつこいくせ毛を治す「リペア」とは? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.