ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

1945年8月14日 日本が受諾した降伏勧告は?

1945年8月14日 日本は連合国側の降伏勧告を受諾しました。この降伏勧告の名称を答えてください。

答えはこちら

ポツダム宣言です。

1945年7月ベルリン郊外のポツダムでアメリカ(トルーマン),イギリス(チャーチル)、ソ連(スターリン)の会談が行われます。

会談では戦争終結の条件が話し合われ日本への降伏勧告が決定しました。

7月26日、アメリカ、イギリス、中国が共同で日本への降伏勧告を宣言します。この宣言をポツダム宣言といいます。

ソ連は日ソ中立条約のため宣言には加わらず、8月8日条約を破棄して対日参戦するとポツダム宣言に参加しました。

ポツダム宣言の内容は、軍国主義の根絶、領土の占領、主権の制限、日本軍の武装解除、戦争犯罪人の処罰、民主主義の促進、目的達成後の占領軍撤収など。

日本はこの宣言を拒絶しますが、8月6日広島、8月9日長崎に原爆が投下されると、鈴木貫太郎内閣は14日に受諾しました。

「葵ちゃんと学ぶ爆点日本史」旧石器時代の動画を作成しました!ぜひご覧ください。