ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

1941年4月に締結した条約は?

1941年4月第二次近衛内閣が締結した条約の名称を答えてください。

答えはこちら

日ソ中立条約(にっそちゅうりつじょうやく)です。

日独伊三国同盟によりアメリカとの関係が悪化すると、第二次近衛内閣はアメリカ、イギリスに対抗するためソ連と条約を結びました。

第二次近衛内閣の外相松岡洋右(まつおかようすけ)とソ連の外相モロトフがモスクワで調印。

相互不可侵と日本とソ連どちらかが第三国から攻められたとき、他方は中立を守ることなど4ヵ条を取り決めました。

日本側は日独伊の軍事同盟にソ連を引き込み南進政策を進め、アメリカ、イギリスに対抗する狙いがありました。

ソ連側はヨーロッパとアジアへの兵力分散を避けヨーロッパ情勢を有利にはこぶため日本との条約締結に踏み切りました。

しかし、日ソ中立条約締結の2か月後にはドイツがソ連に侵攻して独ソ戦が始まりヨーロッパは混迷します。

その後、日本はアメリカに宣戦布告し日米開戦となりますが、日本の敗戦が濃厚になると、1945年8月8日ソ連は日ソ中立条約を破棄して日本領に侵攻しました。

「春はあけぼの」のフレーズを知っていても、枕草子を読んだことがある方はそう多くはありません。大河ドラマをきっかけに清少納言と枕草子に興味を持つ方が増えると思いますので、3回に分けてお伝えすることにしました。1回目は清少納言の家族と祖先清原氏の話を中心に、枕草子を書くことになったきっかけや「源氏物語」との違い、清少納言と紫式部の関係を特集します。ぜひご覧ください。