ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

三国干渉(さんごくかんしょう)の三国とは?

下関条約で日本が獲得した遼東半島をめぐり三国が介入してきました。この三国とはどこの国でしょうか?

答えはこちら

ロシア、フランス、ドイツです。

日清戦争の勝利で日本が遼東半島を獲得すると、東アジア進出を画策するロシアがフランスとドイツを誘い遼東半島の返還を日本に求めました。

列強の圧力を拒否するだけの国力を備えていない日本は、三国の要求を受け入れ遼東半島を清国に返還しました。

清国からは還付金として3千万両(テール)、日本円でおよそ4500万円を得るも、大国の圧力に屈した屈辱を「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」という言葉で表し、ロシアへ対抗するため軍備を拡張していくのです。

≪ 1894年に開戦した戦争と翌年に締結した講和条約は? | | 日本が台湾を統治するために設置した機関は? ≫

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.