ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1871年琉球王国の漁民が漂着した台湾で殺害される事件が起きました。この事件を機に起きた日本の派兵は?

1871年琉球王国の漁民66名が漂流し台湾に流れ着きますが、その多くが台湾の先住民に殺害されました。この事件を機に起きた日本の派兵を何と呼んでいますか?

答えはこちら

台湾出兵(たいわんしゅっぺい)です。

1871年琉球王国宮古島の漁民66名が台風に遭遇し台湾に漂着しました。しかし、台湾先住民は彼らを敵と見なし54名を殺害します。

明治政府は清国に賠償を求めますが、台湾先住民の統治は「管轄外」だと主張する清国は賠償を拒否しました。

政府内では薩摩閥を中心に征討の声があがりますが、反対派の巻き返しなどもあり膠着状態となります。

しかし、1874年西郷隆盛の弟西郷従道(さいごうじゅうどう)が3千の兵を率いて独断で出兵に踏み切りました。

大久保利通(おおくぼとしみち)が全権となり清国と交渉を行った結果、賠償金50万両を獲得したことで撤兵となりました。

≪ 1876年朝鮮と締結した条約は? | | 1875年日本とロシアの間で締結した領土に関する条約は? ≫

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.