ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1869年藩主が土地と人民を朝廷に返還した出来事は?

1869年薩長土肥の4藩主に続き全国の藩主も土地と人民を朝廷に返還しました。この出来事を何と呼んでいますか?

答えはこちら

版籍奉還(はんせきほうかん)です。

戊辰戦争の終結で明治政府の治世が本格的に始まりますが、諸藩の藩主がそれぞれの領地・領民を統治する仕組みは江戸時代と同じであり、新政府の財政基盤は脆弱でした。

大久保利通(おおくぼとしみち)、木戸孝允(きどたかよし)を中心とする政府首脳は反対派を押さえ込むため、まず薩長土肥4藩に根回しを行い版籍奉還を実現します。

幕末の動乱、戊辰戦争で主導的役割を担った雄藩4藩が版籍奉還を行ったことで、他の藩も遅れまいとこれに習いました。

諸藩の藩主は新たに知藩事(ちはんじ)に任命され形式上は新政府の管理下に置かれますが、政府の命令を聞かない知藩事もいて統治は不安定でした。

政府による中央集権化の第一歩が版籍奉還であり、1871年の廃藩置県で中央集権化が加速しました。

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.