ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

遺骸をおさめる石棺(せっかん)の形にはどんなものがありますか?

古墳時代になるといろいろな形の石棺(せっかん)が使われました。石棺の代表的な形(種類)をあげてください。

答えはこちら

箱式(はこしき)、割竹形(わりたけがた)、舟形(ふながた)、長持形(ながもちがた)、家形(いえがた)です。

石棺(せっかん)は弥生時代にも使用されていましたが、古墳時代になると地域ごとに様々な形の石棺が現れました。

古墳時代前期は箱式、割竹形、舟形、中期は長持形、後期は家形石棺が多く見られます。


こんにゃくラーメンなのに美味しい!替え玉しても体重10キロ減!

≪ 円墳など小さな古墳の集合体は? | | 日本最大の古墳と、二番目、三番目に大きい古墳の名前は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.