ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1336年勢力を回復した足利尊氏が摂津国で天皇方と戦闘を行います。この戦いは?

多々良浜の戦いに勝利した足利尊氏は、九州の武将を引き連れ京を目指し進軍しました。これを迎え撃つ後醍醐天皇方との間で戦が行われます。この戦いを何と呼んでいますか?

答えはこちら

湊川の戦い(みなとがわのたたかい)です。

1336年摂津国まで進軍した足利尊氏は、後醍醐天皇方の新田義貞、楠正成と湊川で戦を行います。

九州や四国の武将を味方につけた足利軍は数万といわれる軍勢で攻め込み新田義貞を敗走させ、楠正成と弟の正季(まさすえ)を自刃に追い込みました。

後醍醐天皇は京を捨て比叡山に逃れます。足利尊氏は入京して新しい天皇を擁立し、幕府を開くための準備に取り掛かるのです。

≪ 1336年足利尊氏再起のきっかけとなった九州での戦は? | | 1336年足利尊氏によって擁立された天皇は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.