ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1333年鎌倉に攻め込み鎌倉幕府を滅亡させた武将は?

1333年後醍醐天皇(ごだいごてんのう)側として鎌倉に攻め込み、北条一族を滅ぼした武将は誰でしょうか?

答えはこちら

新田義貞(にったよしさだ)です。

新田義貞は上野国の武将で、後醍醐天皇二度目の倒幕計画(元弘の変)では、幕府側の武将として討伐軍に加わります。

その後幕府に反旗を翻し後醍醐側になると、上野国で挙兵し鎌倉に攻め込みました。追い込まれた北条高時らは菩提寺である東勝寺で自害!鎌倉幕府は滅亡しました。

≪ 鎌倉時代中期から後期にかけて現れた社会の秩序を乱す反体制的な武士集団は? | | 1333年鎌倉幕府滅亡後に行われた後醍醐天皇による政治は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.