ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

承久の乱後に即位した天皇は?

承久の乱によって廃位となった仲恭天皇(ちゅうきょうてんのう)に代わり即位した天皇は誰でしょう?

答えはこちら

後堀河天皇(ごほりかわてんのう)です。幕府は承久の乱の首謀者であった後鳥羽上皇の孫である仲恭天皇を廃位して、後鳥羽上皇の系統を一掃します(後鳥羽上皇の子である土御門上皇と順徳上皇は流罪)代わりに後鳥羽上皇の兄である守貞親王(もりさだ しんのう)の子 後堀河天皇を即位させました。幼い守貞親王を補佐するため、出家していた父の守貞親王が後高倉院(ごたかくらいん)となり院政を行いました。*壇ノ浦の戦いで平家とともに入水した安徳天皇と守貞親王、後鳥羽上皇は兄弟。平家の都落ちに帯同していた守貞親王は即位できず出家していた。

≪ 承久の乱(じょうきゅうのらん)で廃位となった天皇は? | | 西面の武士(さいめんのぶし)と北面の武士(ほくめんのぶし)の違いは? ≫

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.