ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)と鎌倉殿(かまくらどの)の違いは?

鎌倉幕府を開いた源頼朝(みなもとのよりとも)は征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)と鎌倉殿(かまくらどの)に就任しますが、違いは何でしょうか?

答えはこちら

征夷大将軍は朝廷の官位(令外官)です。

令外官(りょうげのかん)は、律令制の中で規定されていない官位のことです(摂政、関白など)

征夷大将軍は、東国の敵を討つために編成された軍団の長に与えられました。頼朝以降は武家の棟梁を意味するようになります。

鎌倉殿は鎌倉幕府の長の敬称で官位ではありません。頼朝本人もしくは鎌倉幕府をあらわす言葉として使用されました。

≪ 源頼朝(みなもとのよりとも)の鎌倉幕府が成立した時期は? | | 鎌倉幕府と主従関係を結んだ武士は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.